本文へ移動

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

鳥海山、元滝へドライブ

2020-10-21
元滝からの流れ
元滝
元滝の奥、岩の途中から水が出ている
10月18日の日曜日、天気も悪くなかったので鳥海山まで出かけてきました。
 
象潟からの登りの前に、元滝というのがあります。
行ったのは二回目なのですが、駐車場から少し歩くときれいな滝が現れ、緑と水の中、心も洗われます。
上から落ちてくる水でなく、途中の岩盤の間から伏流水が流れ出ているらしいです。
 
その後、五合目まで行き、山形県側に降りて帰ってきました。
 
雲は多めで、山頂は雲に隠れていましたが、五合目までは曇もなくいいドライブでした。
風は強く、駐車場が満車になるくらいの人出でした。
紅葉の色はもう少しの感はありますが、まあまあ、いい一日が過ごせました。
 
                           こひ
 
五合目付近から山頂を望む
眼下に酒田市
由利、仁賀保方面

秋の玉川温泉紅葉

2020-10-15
先日、短期休暇を利用して秋の玉川温泉紅葉を見に行って来ました。
 
赤や黄色のカラフルな木々が織り成す光景は、とても綺麗な風景でした。
 
平日だと道路もスムーズに流れ快適でした。
 
幸い天気にも恵まれ最高の一日を過ごす事ができました。
  
                   by スー

金魚

2020-10-13
生き物を飼うことの責任と
 
飼育の難しさに、しばらくやめていた水槽に
 
また、水を入れました。
 
これまでの経験と反省と、さらに今回は
 
YouTubeでも勉強して、心機一転始めました。
 
飼育の基本は「水・バクテリア」。2週間ほどかけて
 
じっくり水を作りました。  by りゅう
 
 

北都ビルディング ブロンズ像

2020-09-08
皆さんご覧になったことがあるかもしれませんが、
当社の北都ビルディング正面入口にブロンズ像があります。
どなたの作品かおわかりでしょうか?
正解は
彫刻家 本郷 新(Shin HONGO)の作品。題名は「蒼穹」です。
(実は私も今回はじめて知りました)
少し紹介しますと、
【本郷 新】(1905-1980)は戦後 日本の具象彫刻をけん引した札幌生まれの彫刻家で
 東京高等工芸学校(現千葉大学工学部)で彫刻を学ぶとともに高村光太郎に師事。
1960年代以降、日本各地に作品多数設置。主な作品は次のとおりです。
1960年 広島平和記念公園 「嵐の中の母子像」
1963年 稚内市 樺太島民慰霊碑「氷雪の門」
1970年 旭川市 北海道開拓記念碑「風雪の群像」
1971年 札幌市 冬季オリンピック記念碑「雪華の像」
1973年 大阪市 中之島公園 「緑の讃歌」 など。

著名な彫刻家の作品とわかった上で、改めて見直すと『生命感にあふれ力強く』
感じるのは私だけでしょうか?

トンボも本物の手と勘違いし「この指と~まれ」をしているよう・・・・。


byこま

懐かしの銭湯

2020-09-08
数十年前に閉じた銭湯を
縁あって見させていただく機会がありました。
 
となり近所のおばさんたちの笑い声や
子供たちのにぎやかな声が聞こえてきそうでした。
腰に手を当てて、コーヒー牛乳やリンゴジュースを
飲んでる人も見えてきます。
 
壁一面に「土崎港曳山祭り」の昔のポスターが何枚も
張られていました。
 
おそらく地域の宝ものです。
大事に保存してほしいと思います。
 
   by りゅう
 
 
 
2020年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 営業時間/8:30~17:30
TOPへ戻る